空港の保安検査場の警備員のアルバイトには、警備会社らしい服装髪型のルールがあります。

バイトの人の服装髪型のルールについて思う事
バイトの人の服装髪型のルールについて思う事

空港の保安検査場の警備員のアルバイトには…

バイトの人の服装髪型のルールについて思う事
★ 49歳 男性の場合
空港の保安検査場の警備員のアルバイトには、警備会社らしい服装髪型のルールがあります。
服装は制服です。
胸には、見やすいところに空港の制限区域内に入るための、証明のIDカードをつけておかなければなりません。帽子は被る必要はありませんが、女性の場合、髪を後ろで束ねて留め、上に上げておかなければなりません。空の玄関口の守りとして、お客さんを迎えるには、それなりに毅然としている必要もあり、しかしソフトな感じも出す必要があります。
このようなルールは、この人は一目で警備の仕事をしている人だと、お客さんやその他の関係者に分かるようにしているのと同時に、爽やかで清々しい感じを与えるという要請のもと、決められたのだと思います。
ハイジャック等の危険防止のために、空港の保安検査場の警備員は一時も気を抜くことは許されません。服装髪型のルールを守るというのを示すことで、仕事の信頼性を見ている人にアピールしていると感じます。

Copyright (C)2017バイトの人の服装髪型のルールについて思う事.All rights reserved.